子牛パワーアッププログラム

安定した 農場経営のために! バイエルからより良い子牛を育てるための3つのご提案です。 初乳対策×寄生虫対策×環境対策 ⼦⽜の健康維持・管理と、安定した畜産経営を実現するために、ぜひ実践していただきたい3つの対策! 詳しくは以下をご覧ください。

子牛をすこやかな成長へ導くために

「疾病」「死亡」「成長の遅れ」「成熟後の生産性低下」→リスクの軽減→元気な子牛:安定した畜産経営へ
子牛を元気に成長させることは、安定した畜産経営に欠かせないファクターです。

たとえば、生まれてすぐの子牛は抵抗力を持たず、病原体に対し非常に弱い存在。そのため生後なるべく早い時期に初乳を飲み、母牛の持つ免疫抗体を獲得しなければなりません。これが十分でない場合、疾病や死亡、成長の遅れ、成熟期の生産性低下などの発生リスクが高くなってしまいます。
『バイエル 子牛パワーアップ プログラム』は、初乳をはじめとして、子牛に必要なケアを総合的にサポートし、元気に成長させるための対策プログラム。豊富な子牛製品群を通じて、子牛の健康維持・管理と、安定した畜産経営を推進します。

すこやかな成長に欠かせない3つの対策

病原体による感染症、飼育環境によるストレス、寄生虫や飼料のカビ、カビ毒による被害・・・・・・子牛は、健康を脅かすさまざまな脅威に直面しています。こうした健康被害から守ってあげるためには、次のような対策が必要です。

1.初乳対策
  • 初乳で免疫力をつける
  • 初乳でエネルギーを与える

生まれたての子牛は病原体に対し無防備です。良質な「初乳」を与えて、免疫力を付与しましょう。

詳しくはこちら
2.寄生虫対策
  • コクシジウム病の発症予防
  • 外部・内部寄生虫の駆除

栄養の横取りやストレス、病気などを招く「内外部寄生虫」の駆除を確実に行いましょう。

詳しくはこちら
3.環境対策
  • ハエ(幼虫・成虫)の駆除
  • 牛舎・カーフハッチの消毒

分娩舎を消毒し、「病原体」を運び、子牛にストレスを与える「害虫」の駆除を行いましょう。

詳しくはこちら

子牛パワーアップの実現のために[子牛用製品ラインナップ]

あなたの子牛の健康をしっかりサポート!『子牛パワーアップ』を実現する優秀な製品群です。

その他の対策:下痢・肺炎の治療に

子牛がかかりやすく、特に注意が必要な病気は、「肺炎」と「下痢」。上記の3つの対策をしっかりと行ったうえで、日頃から子牛の様子を注意深く観察し、早期発見・早期治療することが重要です。

※本剤は必ず獣医師による適切な指導のもとで使用してください

このページのトップへ
BAYER
Copyright © 2011 Bayer Yakuhin, Ltd.